油絵は難しいのか?

MENU

油絵は難しい

 油絵は難しいとよく言われます。確かにその通りです。まずは絵具をはじめとする道具に一苦労。なかなか描くまで行きません。

 

 そして、準備が整っても、絵具の乾燥に耐えきれない人も。

 

 独特の匂いが災いして、家族の同意を得られない人もいます。

 

 描けば描いたで、カンバスは重く大きく場所を取り、当然のことながら描けば描くだけその枚数が増え、居住スペースを圧迫して行きます。

 

 油絵を描く喜びは、これらの独特の状況に耐えることができる人のみが享受できるものだ、などとも言われています。誰もが制作アトリエを構えることができるのならいいですが、現実問題、それは難しいですよね。

 

 油絵を描きたい。思った時に、会社から帰って簡単に描きたい。そんな都合のいい方法なんてあるのでしょうか?

画期的な方法

 画期的な方法があります。今は何でもパソコンで処理ができる時代。油絵も例外ではありません。

 

 構図は写真を元に決め、その下地にパソコンで油絵のような感覚で色を乗せていくという方法があります。

 

 この方法、今密かに人気となっており、一生の趣味として楽しんでいる方が増えています。

 

 

 まずはできるものをしっかりとやってみませんか?

 

 一見邪道に思えるこの方法ですが、よく考えてみましょう。

 

 あなたは油絵を描くこと自体に何を求めているのでしょうか?

 

 プロになりたいのであれば、この方法はお勧めできませんが、大抵の方は趣味で何かを描きたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 それなら、周囲に迷惑をかけることなく、簡単にはじめることの出来るこの方法を、まずは試してみてはいかがでしょう?

具体的な方法

 具体的な方法は、こちらからご覧いただけます。

 

 講師の方は儲けよりも、この、パソコンによる油絵の普及に力を入れています。この方法に関することなら、何でもしっかりとサポートしてくれますので、その点も安心です。

 

 こちらからご覧下さい。

 

→  写真を1週間でプロ級油絵に描く方法 

 

家族からは見放され、家の中では邪魔者扱い。

毎日やることも目標もなく、ただぼーっとテレビを見ているだけの毎日

だらだらと過ごす老後生活から抜け出し

孫から、家族から、元同僚から「すごいですね」と必ず言われる


PCを使った一生楽しめる、あなたの生きがいとなる趣味があるのですが


あなたは知りたくありませんか?


⇒ 定年後の悲劇 こんなはずじゃなかった。貴方にも迫るボケの現実